1. HOME
  2. 事業案内
  3. コンサルティング事業
  4. 経営コンサルティング
  5. 経営コンサルティングの特徴

コンサルティング事業

Consulting

経営コンサルティング

経営コンサルティングの特徴

SGMの経営コンサルティングとは

中心はいつも「人」

経営とは同じ目的を達成するために「人」が集まり、共同で営むことです。

経営において「人」は必要不可欠であり、すべての経営資源の中心であると考えます。

経営の役割は、私たち「人」本来の在り方をしっかりと見据え、企業に関わる「人」が持っている潜在能力を最大限発揮し、働く・生きる意義を自ら見出す環境を常に提供し続けることです。

この環境提供によって、組織のパフォーマンスを最大化することが可能です。

AI、VUCA時代に求められる叡智(智慧)

過去は未来ではありません。

過去の成功事例や情報・経験を活かしたビジネスモデルは競争力を失い、複雑で不確実な市場を生き抜く経営判断が求められています。

労働・生産・働き方・消費の概念や価値が大きく変化する中で、物事の本質を見抜き、時代の大きな潮流と目の前で起こる日々の小さな変化を的確に捉え、未来に折り重なるように無駄なく事業や組織に先手を打ち続けること=叡智(智慧)が必要です。

この経営判断における「叡智(智慧)」の有無がますます変化のスピードが速まるAI、VUCA時代の企業存続を分ける重要なファクターとなります。

未来から逆算した経営リソースの常時最適化

企業をとりまく外的要因は刻々と変化しています。

世界の不況・国内外の異常気象(災害)・テロや戦争・超高齢化・人口減少・イノベーションの加速などの外的要因が連鎖して複雑さを増し、いつ何が起こるかわからないと言っても過言ではありません。

そのような状況において、未来を見据え、そこから逆算した中長期的な計画やビジョンをしっかりと策定しながら、刻々と変わる時代や社会の変化の一歩先を読み、迅速かつ柔軟に対応する考え方と体制を構築し、経営リソースを常に最適化することが重要です。