1. HOME
  2. ブログ
  3. ICTソリューション
  4. なぜ経営コンサルティングの会社がICT施工サポートをするようになったのか?【セミナー講師インタビュー:後編】

BLOG

ブログ

ICTソリューション

なぜ経営コンサルティングの会社がICT施工サポートをするようになったのか?【セミナー講師インタビュー:後編】

ICT施工管理セミナー講師吉田なぎさ

「持ち帰れるICT施工管理セミナー」の講師であり、災害や道路などICT土工の現場で熟練の現場監督と日々コミュニケーションをとる吉田なぎさのインタビューをご紹介します。

後編では、経営コンサルティングの会社であるストラテジクスマネジメント株式会社(以下、SGM)がなぜICT施工サポートを提供することになったのか、その経緯や市街地測量。土木学会での発表実績等について語っていただきました。

コンサルティングの視点で建設会社様と共に歩む

-ストラテジクスマネジメント株式会社(SGM)について教えてください。

私たちSGMは、業界問わず様々な企業様にコンサルティングを提供しており、今年で創業20年を迎えました。私たちにコンサルティングを依頼される企業様、またはその関係企業様に共通の特徴として、大きな改革が起きている業界にいらっしゃるということです。しかも、企業としての今後の動向を見極めるために、重要な経営判断を迫られていて、危機感を持たれている経営者の方やご担当者の方が多いのです。

-その中で、i-Construction、ICT活用工事を推進する建設業界の流れについて、どのように捉えていますか?

労働環境のイメージは「きつい・きたない・きけん」の3Kが定着してしまい、若手の人材がどんどん少なくなって、深刻な人手不足が起きています。また、日本で今後起こる可能性が高いと言われる大きな災害への対策という点でも課題があります。

情報をデジタル化するICTやAIの参入など、目まぐるしい時代の変化に対して、そのような課題を解決するためには、業界全体に大きな改革が求められていると感じます。だからこそ国はi-Constructionという施策を発表したのではないでしょうか。

あと、建設業界に限らず、今は淘汰の時代に入ってきていると思います。そこに対してどう反応をしていくかというところが各企業、さらに企業を超えた個人レベルでも求められていると思います。

残念ながら、それは避けて通れないことだと思います。業界を変えるというよりも、業界は変わっていきます。それにどう対処していけばいいのかを、私たちは建設会社様をはじめとする様々な企業様と寄り添い、共に歩みながらコンサルティング会社としてのノウハウをご提供していきます。

 

-土木の測量業に参入されたきっかけは?

もともと当社が数年来コンサルティングをさせていただいている中小建設企業様(以下、M建設様)がありました。国のi-Construction発表と同時に、M建設様が、これからどのような経営戦略をとっていくべきかを社長と共に検討しました。そこでICT土工の導入を経営の再優先事項として掲げ、現在のリソースを分析し、経営と現場の両方から社内でICT化への機運を高めていきました。特に現場では、土木部全体のICT教育に取り組みました。

また、ICT建機はレンタルかリースを選択される企業様が多い中、M建設様は自社で所有(購入)するという戦略で、現場単位ではなく様々な形で土木部全体の効率化を図るために活用されています。

私たちがICT施工の導入をお手伝いする以前は、M建設様の土木部は地域の災害復旧工事対応が主で、数年前に起きた災害復旧工事が終わってしまい、この先事業を発展させるにはどうすればよいかと皆さんが思い始めた時だったんです。

社長はもちろんですが、現場経験豊富な土木部長がICT施工の重要さを瞬時に理解され、ご自身が先頭に立ってどんどん新しい考えと技術を吸収されていきました。その結果、今では某県下のICT施工のリーディングカンパニーとして、とある行政関係者の方から「ICTと言えばM建設さん。これから食いっぱぐれないですね」と言われる存在になっています。

 

そんなM建設様は、発注者である地方整備局担当から、ICT勉強会を実施して欲しいという依頼も受けられ、現状の課題や現場の声を積極的にお伝えされています。

最近ではICT施工で次々に功績をあげられていて、現在3代目の社長ですが、創業73年目で初めて直轄工事(国交省発注)の一次下請けに入られています。これも、ICT施工に長けたM建設様の実績を買われての結果だと思います。

あとは、建設業界の課題である若手人材の不足についてですが、実はM建設様に今年入られた新入社員は4名いらっしゃり、全員女性なんです。会社全体が明るく活気づいていて、さらに素敵な企業へと変化され続けています。

 

-M建設は数年でなぜここまでの功績を得られたのでしょうか。

ICT施工導入という点から見た、私たちの経営コンサルティングのノウハウを少しご説明します。SGMのコンサルティングは、次の考え方がベースにあります。

「ヒトサイエンス™で企業を潜在的な最適解へ導く」

ヒトサイエンス™というのは私たち独自の考え方であり、ノウハウそのものです。企業は人で構成され、その人が真の豊かさを体感した時に、企業が持つリソースの最大値が引き出されます。ICT施工の工程でも、数えきれないほどの人々が関わります。それは社内に限ったことではありません。

複雑で変動的な現場作業において、ICT施工に取り組むということは一見より複雑さを増すように見えます。さらに高い正確さと精度が求められるようになり、他の業界に比べると危険が隣り合わせの現場では、関わる方々へのプレッシャーや負担は想像以上だと思います。

人やリソースをしっかり分析し、同じ方向、目的を目指して、共通の理解で物事を進めていくことでそのプロセスは明確になります。ICT化されることで、それらはより鮮明に明確になると考えます。私たちは、その一つ一つのプロセスを企業様と寄り添い、共に歩んでいくことで最適解を導くお手伝いをしています。

 

UAVによる市街地3次元測量と土木学会での発表

-島根県江津市の市街地測量に詳しく教えてください。

先ほどお伝えしましたM建設様が島根県江津市にあり、江津市とはこれまでもご縁がありました。その江津市内で有志の方々が集まって、地域創生の一環として国内初の公道を使ったレースに取り組まれることになり、グランプリ準備会から当社がご依頼を受けて3次元測量を実施するという流れになりました。

そもそもなぜ市街地を測量する必要があったのか?というと、公道レースのコースを設計するにあたって、安全を証明する資料を各所に提出する必要があったからです。ちなみにこのイベントではレンタルカートという車両を使用します。日本ではまだ実現されたことのない公道のレースで、さらに1.7kmという全長のコースですので、上空から空撮するUAVを使った3次元測量が最適でした。最先端の技術を使って地域振興を行うというイベントの趣旨にもあっていますので、i-Constructionの推進技術を用いてぜひやって欲しいとのご依頼で実現しました。

測量した場所は、人口が比較的集中している市街地であり、さらに国道・県道・市道にまたがっている公道でした。市の中心地で、主要な施設(駅・病院・官公庁など)などが集中している地区でもありました。市のPRになる、という大きな目的もありましたので、法的なものも含めて、様々な許可申請を取ることからスタートしました。

 

専門家のサポートとして、松江工業高等専門学校(以下、松江工専)の先生方にもチームに参加して頂き、江津市のカートグランプリ準備会(現実行委員会)の方々と共に、産官学共同のプロジェクトとして市街地でのUAVによる3次元測量を実施しました。また、2018年度の土木学会でこの取り組みの成果を松江工専と共同発表させて頂きました。

土木学会で発表している吉田なぎさ

-市街地を3次元測量して、さらに3次元データ化したのですね。

もともと一般道ですので2次元の設計図面はありました。広域である市街地の大量の写真を点群処理し、その点群データを基に3次元化するというのは非常に細かい作業が必要でした。これは当社のICTスペシャリストチームの3次元設計データ作成の担当者ががAuto Desk社のCivil 3Dを使用して作成しました。更にただ3次元化すればいいのではなく、レースの安全証明のために利用するとなると、現況を正確に表現する必要がありました。

そして現況に加えて、レースの際に必要な柵やブロックを図面上に表現することで、コースの可視化が可能となりました。普段使っている道路が市街地レースのコースになるとどうなるかを、このイベントに関わる内外の関係者全員がシミュレーションすることができるようになりました。

-CIMですね。

そうですね。今では国もCIMをBIM/CIMという言い方に統一しようという動きがあります。これがいわゆる共通言語ですね。

これから進んでいく業界の未来や、業界に関わる様々なポジションの方々から見ても、共通言語になっていくものだと思います。住民の方々の説明会でも使用できるものになりますので、道路設計や3次元データなどの専門的な話がわからなくても、このCIMデータを見ればわかる、ということです。

 

コンサルタント出身の精鋭が現場作業に

-吉田さんとチームについて教えてください。どのような経緯で現在ICT施工ソリューションという事業に携わることになったのですか。

私自身は、もともと人に関わる仕事に非常に興味があり、できるだけたくさんの業種の方と触れてコミュニケーションを図りたい、という思いがありました。

人を通して、その組織や企業がわかり、関わる業界や社会全体が見えてきます。そのためにできるだけ、多くの業種の方々とコミュニケーションをとることでその経験を積みたいと、色々な企業に関わっていました。その中の一つにSGMの関係会社があり、現在に至っています。これまでは様々な企業様に対して営業支援やチームでサポートをするという業務に携わり、営業窓口としてクライアントとの交渉を行う役割もさせていただきました。その中で当社のクライアントでもあり、パートナー企業でもあるM建設様が関わる島根県江津市の第三セクター再生事業に数年間従事致しました。

M建設様が地域に密着された建設会社であり、地方の中小建設会社や地方自治体の抱える課題を、この江津市での業務で目の当たりにしました。また、それらの課題をSGMのコンサルティングノウハウを基に、最適解を出し続けながら、よりよい方向へ状況が変化していく様子をM建設様と共に経験させていただいています。

そんな中で、i-Constructionの施策発表があり、M建設様のコンサルティングにより深く関わるようになりました。社内にICTソリューション事業部が立ち上がり、「One Man,One Project」というポリシーのもとに、私を含めた3名のメンバーがICTスペシャリストとして建設会社の経営者や現場監督に寄り添いサポート業務に従事しています。

私たちは、セミナーを通してのコンサルティングノウハウのご提供はもちろんですが、全員現場作業を実際に行いながらノウハウを直接ご提供しています。UAV飛行、3次元測量、3次元設計データ作成、ICT建機による施工サポートなどの実務サポートを行う事で、現場監督に寄り添いながら工事完成を共に目指します。

簡単に「One Man,One Project」チームのメンバー紹介をさせていただきますと、宮川(下写真の右)は、経営者の経験があり、経営者視点で現場を見ることができるメンバーです。正確さが求められる現場作業において、彼の持つ経営者の視点と一つ一つの作業に対し確実に工程を管理する姿勢が、現場監督からご信頼をいただけている理由の一つだと思います。

川口(下写真の左)は、プロジェクトの立ち上げ経験や管理職経験も豊富で、SGMの中でも非常に優秀なコンサルタントの一人です。先ほどご説明した市街地測量の3次元設計データは彼が作成したものですが、その成果からも作業に対する彼の緻密さと堅実さがにじみ出ており、チーム屈指のエキスパートとして重要な役割を担っています。

-経験が重要視される業界で、なぜ3年にも満たない短い期間でセミナーやノウハウ提供ができるレベルまで到達することができたのですか?

私たちのコンサルティングは、未来からみた現状の最適解を導き出すことでもあります。そのためには、未来からの逆算が必要です。今の時代に求められるスピードは、以前に比べると格段に上がっています。経験を積んでから分析して答えを導き出すというスピードでは、到底今の時代の流れには追い付いていけません。私たちが最適解を導き出す上で考慮する要素として「経験」というものが占める割合は大きくありません。確かに経験を積むためには時間が必要ですが、それは「量」ではなく「質」が重要です。

企業や業界が直面する課題を解決するための答えが先に解っていれば、それを逆算して必要なプロセスを歩むだけです。とてもシンプルなんです。
なぜその答えが解るのか。それは、パートナーとしてご一緒する企業様にはお伝えしています。

 

-吉田さん、ありがとうございました。



「持ち帰れるICT施工セミナー」講師 吉田なぎさ
ICTソリューション事業部マネージャー
i-Constructionスペシャリスト
JUIDA認定ドローン操縦技能士 安全運航管理者

市街地でUAV測量を実施し、2018年度全国土木学会で事例を発表。ICT施工現場でのUAV測量、3次元データ設計、ローカライゼーションなどの実務サポートを提供。建設会社に価値をもたらすとともに、持続可能なICT施工の導入を実現するノウハウを構築し、経営者および現場監督にアドバイスおよび実務支援を行う。

関連記事